FC2ブログ

映画レミゼラブル

この歳末最繁忙期の、仕事納めが1月3日という状況下において、21日の初日に奇跡的に観てきた映画レミゼ。年内は本当に無理だと思っていた。神に感謝します。

まだまだこれから観る方が多いタイミングなので、いやおうにでも目に入ってきてしまうツイッターは避けて、こちらの方に感想のツイートをほとばしり書きしておきます。文章の整理も何もしてないけれど、印象が失われる前に。

オープニングの海からのカメラ。舞台からきた観客を、一気に映画という違うものに引き込む。
そして水中の三色旗にすでにやられて涙。
ここでバルジャン怪力エピソード、うまい!
囚人〜保釈時代のバルジャンがバルジャンにしか見えない。ヒューさんとか思わない。市長時代になって違う人物として通るのが自然なくらいの別人ぶり。

そしてミリエルのコルム翁登場で涙ー!
コルム翁の使われ方で今回衝撃的に素晴らしかったのはしかし、最初だけでなく、最後だ。神の国にバルジャンを迎え入れるのは、ミリエルのコルム翁。輪廻転生したバルジャン。かつて自分がバルジャンとして受けた恩を、次のバルジャンに返したのだ彼は。号泣です。
バルジャンの最期に迎えに来て、三重唱になるのが、ファンティーヌとミリエルなのも「そうだよね!!」と泣きながらひざを打った。舞台版のあの場面はずっと違和感ありありだったんだけど、やはりエポであってはいけないのだ。あそこは。

舞台のテンポで進むと映画では非常に早く感じるけど、8年後にはもう市長になってるバルジャン。
工場での諍いを収める最中にジャベールが登場し、そちらが気になってついつい部下に任せて立ち去ってしまう。リアル!
後にジャベールが他の人が捕まったと言う場面の直後、バルジャンが「これはチャンスかも」と歌う場面で、バルジャンの顔に明らかにギラッとした醜い喜びがよぎる。でもすぐに、自分が経験したような法の奴隷に、罪のない男を?と葛藤が襲う。この表情の変化が見事。本当に人間の心の動きとしてリアル。

ラッセルクロウの歌がダメなのは、事前に知っていてよかった。そこはそういうものとして聞き流す寛容さを持つことができた。いきなり聴いてあれでは憤死モノだったかもしれない。画はすごく朗々たる声が合いそうな画面なのに、聴こえるのはソフトなモフモフした声。トム・フーパーのやりたかったことに応えるだけの「歌」を、彼は持っていなかったのが伝わるミスマッチ感。ちがう意味でジャベールだけ別録だったのかと思うレベル。Starsから高いところのフチを歩くチープな演出は、本人のアイデアくさいなぁと思って観ていたら、監督インタビューを読んだらやはりそうだった。うーん。他に、いなかったのか。あの並びに負けない映画スターで、かつ本当に歌が歌える役者。

ひとつ聞き捨てならない翻訳が、マリウス・コゼット・バルジャンでHeart Full of Loveのリプライズが歌われるところ、の、バルジャンのShe was never mine to keep...を「私の娘ではない」と訳してたところ!あれは、いつか自分の手を離れて巣立っていくことは分かっていたはず…という、まさに男親としての心情でしょ!それを「だって元々俺の娘じゃないし」というのは絶対に絶対に違う!!「私のものではなかったのだ」ならアリ。セクシャルではないにしろ、異性の親が子を見るときに、異性に対する純真な所有欲というのは、あると思うから。(それは特に、コゼットの寝室に胸毛バリバリで現れるバルジャンの姿に象徴的に表わされている 笑)

まだまだあるけど、とりあえずここまで。

スポンサーサイト



パブリック・エネミーズ

みてきました。
大恐慌時代のアメリカで、稀代の銀行強盗ながら民衆に絶大な人気を博していたジョン・デリンジャーを演じるジョニデxそれを追う敏腕捜査官メルヴィン・パーヴィスを演じるクリスチャン・ベールの、男の戦い映画。
…と思って行ったんだけど、もうひとつの本筋であるジョニデとマリオン・コティヤールの話に、あんまりうまくクリスチャン・ベールが絡んでなかったような?
たとえば、
いきなりラストシーンの話を書きますのでこれから観る方は要注意ですが、
まあそんなにクリエイティブなラストシーンではないけどそうだとしてもだ、
デリンジャーのラストメッセージをビリーに伝えるのは、どうしてクリスチャン・ベール演じるパーヴィスではなく、他の捜査官なのかしら???それが史実だから???(知らんけど)ないしは原作本がそうだから???(それも知らんけど)
途中からクリスチャン・ベールが、影が薄くなるというか、話の筋が別々になっちゃうんだよなあ。
史実をなるべく再現したというのも大事なんだろうけど、そこは映画の特権で、メインキャラクターでストーリーを最後まで綴って欲しい…というのが私の趣味。
でもきっと史実ではデリンジャーが短期間だけ一緒にいた女性を最後まで愛していたというのは、嘘くさいなあと思うのですが。だって死んだときだって別の女といたわけでしょ。ま、そこは映画の特権なんだろうとして…。
でも好きなところもいっぱいある映画だったよ。これも映画の特権的シーンだろうけど、デリンジャーがシカゴ警察署内のデリンジャー特捜班の部屋にふらっと入り込んで壁一面に貼られた自分の捜査資料を眺めて歩き、部屋の片隅で野球のラジオ放送に夢中な捜査官たちに試合の経過をきく場面とか好き。
マリオン・コティヤールを2回目に口説きに行った場面の台詞とかもいい(自分の出身と好きなものをパッパッパッと言って、Anything else you wannna know?って彼女のコートを掲げるのとか)けど、こういう口説き方をする男はだいたいその次の女性のほうが身の上話をしてるシーンでは女の話を聞いちゃいないと思う。(笑)


映画が終わって、映画館を出るべくエスカレーターに乗っていたら、ティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』の帽子屋のポスターがどどーんと掲げてあって、「これまたすごいメイクだね」と思いながらオレンジ色のまつげを見ていましたが、それがジョニデであることにはそのとき全く気づかなかった。好きだねこの人も…。



『イングロリアス・バスターズ』 ※激ネタバレ

日曜に観てきましたー。タランティーノの最新作。

面白かったよ!!
ジャッキー・ブラウン以降はスプラッタ1作以外はずっと映画館で見てきてますが、一番かも。(最初の2作は別扱いとして)

ネタバレなしにこの映画のスゴイところを語ることはできませんが(私は)、なのでがっつりネタバレいきますので公開直後だし未見の方は要注意なのですが、

なんといっても白眉なのはプレミア作戦の結果ヒットラーが死んじゃうとこでしょう!!!史実はよ!的な。タランティーノあっぱれ。
ブラッド・ピットの南部訛りがやたらハマると思ったら、彼は南部出身なのね。メタクソ下手なイタリア語がたまらん。
『私が愛したギャングスター』の美術鑑定家の彼がなんと主人公の敵のナチスSS大佐役に。うおー。大出世。大好きな映画の出身なので、なんか勝手にうれしい。
ショシャナ役のメラニー・ロラン、いいじゃない。キレイ。
ナチスの将校13人を殺したドイツ人役のティル・シュヴァイガー、あの顔でデコにカードつけてる場面とかたまらん。
ゲッベルスの彼(シルヴェスター・グロート)はどーっかで見た顔のような気がするけど、経歴を見ても特に思い当たらないのでどっかで見たような顔なだけなのかなあ。
ジュリー・ドレフュス、老けたなあ。(涙)

映画全体、スゴイテンポがいい!近年のタランティーノ作品にないテンポのよさ。ロドリゲスのテンポのよさとか見てくやしかったのかなあ。
バスターズの痛いシーンは画面を正視できませんでしたが(皮剥ぐシーンが多いんだよ!!)、それすらテンポがよくて面白いんだよなあ。
バスターズに捕まったナチスの3人目が地図を指差すスピードの速いことったら。ちょっとフォールームスのタランティーノが監督したエピソードの一番最後の場面のテンポを思い出すかんじ。
今回はタランティーノが頑張ってよく切った!!というかんじ。キルビルはきっと切るに切れずに2部作化ってかんじだからなあ。ちゃんと学習したんでしょう。

でも最初のシーンのSS大佐のトークで、ユダヤ人家族をかくまってた彼が涙ながらに居場所を吐いちゃうのはよくわかんなかったなあ。なんで?

今回はタランティーノの書いた断片的なダイアローグが面白いというよりは、ストーリーと場面のテンポがちゃんと面白いよ。映画監督としての面目躍如ではないでしょうか。


NINE

これちょーう楽しみー。




いつ日本公開なのかな~と思ったら、2010年春かい!

待ちきれないからコッチでも観よう!ってこれも年末かー。

He's Just Not That Into You

きのうの夜、邦題『そんな彼なら捨てちゃえば?』を観てきました。
コレ原題の「彼はズバリあなたにたいして入れ込んでない」というのと逆方向のニュアンスの邦題がついてるのは、やっぱりそのほうがメインターゲットである女子に見に来てもらえるから?

途中まではかなり面白く観れて、DVD買ってもいいなあと思うくらいだったのだけど、オチがありえなくてそこがちょっと興ざめ。
ありえないオチというのは、主人公のあんまりモテない女子(ジェニファー・グッドウィン)にそれまでずっとクールで淡々としてたジャスティン・ロング(うちではマックと呼ばれています←USのアップルのCMでマック役をやってたから。日本版でラーメンズがやってたやつね)が、いきなり彼女にフォーリンラブするから。ないない、そんなこと。コバルト文庫ですかっ。
さいごにハッピーになるのが、上記のジェニファー・グッドウィンと、ドリュー・バリモアと、ジェニファー・アニストン。逆に、ひとりになるのはスカーレット・ヨハンソンとジェニファー・コネリー。非モテ系だったりあまり容姿にめぐまれなかったり私生活でブラピに捨てられてかわいそうキャラだったりするチームが男を見つけて、ゴージャス&セクシー(という世間的な位置づけ、私はあんま好きじゃないけど)だったり賢かったりするチームはひとりになるということで、この映画はあまりモテない女子がターゲットで、さいごはやっぱりそんなメインターゲットの彼女たちが溜飲を下げるように作ってあるのねえと思った。

ちなみに新宿ピカデリーのメンバーポイントで6回観たら1回タダっていうやつをはじめて利用して行ってきました。ポイント利用だとカウンターに並ばなきゃいけないのが弱点。それ以外のときはもうインターネットの事前予約以外使わないもんね。フツーにチケット買うだけならネットで取って機械で発券すれば待ち時間ゼロなのに、なんでみんなあんなに並ぶのだ。理解不能。

プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク