FC2ブログ

On-Boarding

新しい事業所に着任し、ネゴって今月一杯という贅沢な研修期間をいただいています。

新しいチームに着任するときに、いつも読み返して種本にしているのがこちら:

CEO 最高経営責任者
トーマス・J・ネフ、ジェームス・M・シトリン著


…と、今回日本語版を探したらスゴそうな書名になっててビックリしましたが、原題は『You are in charge, Now What?』という、「あなたは責任者になりました。さあ、どうする?」くらいの意味で、新しく組織の長になる人が、着任の「最初の100日間」をプランニングするための本です。
本に登場する事例はたしかにCEOですが、マネージャーなどもっと小さな組織の長に着任するときにも、十分に応用が利くステップや陥りがちな罠が紹介されています。

これは昔、私が通訳時代に上司だった、今もメンターの方が、日本での駐在を終えてUSに帰り、昇格して部門長になったときにご自分が使った本で、後日紹介してくれたものです。
それ以来、異動のたびに取り出しては読み返し、着任の準備に活用してきました。


最初は、聴くに徹する。
最初にやるべきことは、何もしないこと。
知らないことが恥でない、レアな期間を活用する。

強力なマネジメントチームをつくる。
会社存亡の危機でもない限り、重要な人事交代は、急がない。

早々と戦略を打ち出す必要はない。
課題を絞り込む。
一人でなくチームでやる。
早い時期に成果を出して、信頼を得る。

チームの文化を理解する。(よく見て、よく聴くことによって)
真の影響力を持っているのはどこかを知り、協力を得る。
改革を性急に進めない。

リーダーは、自分のさらに上位者のサポートを得る。

相手に伝わるコミュニケーション手段を選ぶ。
自分が得意なコミュニケーション手法を知る。
現場の生の声を聴く。

できもしない約束をしない。
自分が救世主だと勘違いした言動をしない。
過去の成功体験に固執しない。
前任者を批判しない。

最初の100日の成功は、その後の成功を意味しない。




昨年末から、日本側の事業所長たちとUSのカウンターパートたちとの、グループ・ピア・メンタリングともいうべき取り組みをやっているのですが、そこでも「新しく着任したときにやるべきこと、やってはいけないこと」が今のホットトピックで、「まずはチームとの信頼関係をつくる」「成果をあせらない。キーワードは、忍耐。チームの変革には、2年はかかる」とか、「前の事業所ではこうだった、を押しつけない」など、今すぐ役立つ学びが満載です。

私がこの研修期間にまずやっていることは、現場の仕事を自分も実際にやってみて、事業所のビジネス全体の構成要素と流れを理解すること、並行して、管轄のチーム全員と個人面談をすること、の二つ。

個人面談は、上司たちに言うと、137名全員とやることに対して、賛否入り混じった反応があります。言葉にはしないけど顔の表情で、ホントに全員とやるの?(それ、必要なの?)的な。いわゆる正社員も、パート社員も、短時間勤務の人も、現場の人も事務の人も、全員等しく対象で、というのが、うちの(日本の)会社のトラディショナルな風習と真逆だからかもしれない。
ただ、私は自分のチームに誰がいるかも知らずにチームをマネージするのは個人的に嫌だし、この規模ならまだギリギリいけると判断して、やっています。(大規模になってくると、全員と個人面談というのは物理的に無理になるだろうというのはわかる。でもその場合も、グループ面談とか、やりようはあると思うけど。) 
とくにうちは、労働集約型の業種なので、現場のみんなが動いてくれてナンボ。いちばん成果につながるところに、いちばん時間と労力を投下するのは、理にかなった投資だと思う。

そして、気をつけているのは、上記の本にもあるけど、前の事業所と同じアプローチをコピーしようとしないこと。
前の事業所は、6年前の立ち上げから関わっていて、その後組織内に着任をした、という関係だったので、いわば、「生みの親とはいわないまでも、小さい頃からおしめを替えてあげてた間柄」。すでに知ってる人も多く、ある程度の信頼関係があるところからスタートできた。
対して今度の事業所は、すでに開所から10年以上が経過していて、自分たちのやり方も自負も持っている。いわば私は、「小学校高学年の子どものところに新しくやってきた継母」の立場。なので、まずやらなければならないことは、「あなたのことを本当に大切に思っているよ」というのを感じてもらうべく、人間関係をつくるところからで、それがあって初めて「宿題やりなさい」「歯を磨きなさい」が、芯から聞いてもらえるようになるというかね。

新任1ヶ月のつれづれ。



スポンサーサイト



GW報告

普段は祝日は休みじゃないんですが、今回はたまたまGWにお休みいただきました。

なぜなら、このタイミングで異動になるからです。

同じ部門内ですが、違う事業所、違う担当への異動。
自分のキャリアプランの中で、いつかはやらなければいけないとずっと思っていて、上司たちにも常々希望を伝えてきた、そういう担当への異動です。

実現するとなると、Be careful what you ask for, you might get it. (意味: 要望するのもよく考えて、実現しちゃうかもしれないから) というフレーズが頭をよぎらなくもないですが、もうこのパターン何度めかなんで(笑)、根性の据えかたもだいぶ覚えてきました。

やることは、
自分にできる限りの準備をすること、
それでも足りないことを知っておくこと、
最初はとくに周りの人の話をよく聞くこと、
でもビジョンを明確に持って見失わないこと、
自分がこれから勉強しなければいけないところばかりにフォーカスするのではなくて、自分がどんなバリューを持ってその組織に行くのかを知っておくこと、
つまり楽観的な視点を意図的に持っていくこと、
そのためにも健康でいること。

かな。

というわけで、GWはゆっくり休んでます。
急遽お休みが取れることが決まったのでGWらしいお出かけとかは全然してないけど、何もせずに休みが終わっていくのがイヤだったので、本を読みました。

GW前も含め、最近読了した本。

西條剛央 「人を助けるすんごい仕組み」
山田政弘 「数字を使ってしゃべれるようになるトレーニングブック」
関根 眞一 「となりのクレーマー―『苦情を言う人』との交渉術」
林文子 「会いたい人に会いに行きなさい」
平尾 誠二 「理不尽に勝つ」
榎本 博明「『すみません』の国 」
内藤 誼人「記憶する技術」 
パトリック・レンシオーニ 「あなたのチームは、機能してますか?」
岡崎京子 「へルタースケルター」 

買ったけど読んでない本は、この倍ぐらいある。(笑)
本日GW最終日、もう少し読み進めます。


US出張

いつのまにか前回の更新から1ヶ月以上経ってしまった。

2月19日から4週間のUS出張に来ています。
3週目まで終了し、実質的な日程は、残りあと3営業日。

出張の経緯や目的は、まぁいろいろとあるので、書けるときになったら書きます。
今回は、USの各事業所でお話をうかがったリーダーの方々からの、印象深かった言葉を共有します。


**************************

仕事に必要なのは、プロフェッショナルな信頼関係を築くこと。
信頼を積み上げるのには時間がかかる。
いつまでも続く旅路のようなもの。
そのために大切なのは、一貫性を保つこと=公正であること。
個人として相手を大切にしたいと思う気持ちがあっても、誰にも一貫した姿勢で接することが必要。
部下個人がハッピーであることはリーダーにとっても大切だけど、チームのハッピーを犠牲にしてまで個人のハッピーを追求するということではない。


良いリーダーになるための「育成」には、三つのタイプがある。
1. 会社が提供する教育
         各種リーダーシップ研修など
2. 自分で自分を育成する
         自分で探してきた研修コースや社会人学習、
         本を読む、
         実践の中で学ぶ
3. ほかの人を育成する
         メンターをするなどを通じてリーダーとしてのスキルが伸びる
このうち、1. は保証されたものではないが、2. 3. は自分の意思で行うことができる。


リーダーとは、権威ではなく、チームをリードできるというprivilegeである。(光栄にも恵まれた立場のようなニュアンス)


リーダーはtoughでstrictであることは必要、でもmeanである必要はない。


(着任3ヶ月のリーダーを評して部下のMgrが) 良かったところは、新たなゴールを示すだけでなく、ゴールの中にあるゴールを示し、それを達成するためのツールを提供してくれたこと。そのため、全体のゴールを達成するために各Mgrレベルでは何をすればいいのかがわかり、めざす全体像がわかるのと同時に全体像を構成するピースを教えてくれた。


(直属およびその下の部下の行動について、次回から修正を求めたいとき)
まず、直属の部下だけ集めて「どうすればもっとよくなったと思う?○○についてはどうすればよかったと思う?」
(部下から答えを引き出す。出てきたら) 「それはグッドアイデアだね。ではあなたからあなたの部下にフィードバックして」
この流れにすることで、上司からの押しつけや指示でなく、本人の言葉になる。


**************************

本国のカウンターパートたちの層の厚さに、本当に感心し、心から敬意を感じます。一日でも早く、日本チームをこのレベルにまで引き上げたい。一日にして成らないのは充分承知してるけど、何も手を打たずに時間が経てば何も変わらない。未来を変えるのは、現在の自分たちの意志と行動。ビジョンと実践。

それを個人として実践することと別に、組織として進めるための作戦を練ること。


朝礼で話したトム・クルーズの話

今年から職場で管理者チームが順番に朝礼でスピーチするという試みが始まり、第一週はゆっくりお休みしてた私は、先週出番が回ってきました。

基本、現場メンバーが聴衆なので、コンセプチュアルな話よりも、彼らの耳にひっかかるキーワードが入った、とっかかりやすい話題で、でも単なる趣味の話とか、聞いたあとに何も残らないのはやだなと思い、自分がいない間に終わったスピーチに関するヒアリングも軽くやって、持っていき方を作った結果、選んだキャッチが、トム・クルーズ。
お正月休みに実家にいた最後の日に観に行った、ミッション・インポッシブルの話をベースにしました。


映画を観に行くと、面白かったときだけパンフを買うんですが、今回はシリーズベストの面白さだったので、パンフ購入。
その中のキャストインタビューで、トム・クルーズと共演したエージェント役の二人が、奇しくも同じ表現でトム・クルーズを評していわく、「彼がトップ・スターなのは偶然じゃない」。
プロダクションを円滑に回すために、共演者はもちろん、照明さんに衣装さんに小道具さん、あらゆる裏方の人に一番気を遣って声を掛けて歩いてるのは、トム・クルーズ。主演として演技もしながら、照明や小道具などの細かい箇所にも目を配って調整を指示するのがトム・クルーズ。50歳前にして、世界一高いビル、ドバイのブルジュ・ハリファの外に張り付く演技をスタント無しでこなせるだけの身体を日々の鍛錬で作り込んでいるのも、トム・クルーズ。
そういう一つひとつの細かなステップの積み重ねが、彼を今の彼たらしめているのだなぁ、と思いました。

たまたま同時にいま読んでいる本で、『非才』っていう、卓球の全英チャンピオンに3回なってオリンピック代表にもなったマシュー・サイドという人が書いた本があって、その本にいわく、世の中に天才と言われる人は、持って生まれた天才などではなく、人並み外れた時間をつぎ込んで練習してきた人だと。結果として一流と言われる人も、そこまでに1万時間といった努力の時間を積み重ねてきている、と。

最終的に優れた結果を出すこととは、目の前の一歩一歩を、少しでも良く、少しでも高く、飽かず弛まず、積み重ねていくことなのかな、と。
逆にそうすることで、ある日振り返ったら、ごくごくあたりまえに、一流の職場になっているのかな、と、感じました。


という話をさせていただきました。
(最後のところは、スピーチの中では、うちの職場の具体的な数字を使ってこの五年での目覚ましい伸びを振り返ったけど、そこは割愛)

職場のやんちゃな若手や元野球少年たちがウンウンってうなずきながら聞いてくれてて、朝礼解散後も、トム・クルーズみたいになるんだよーってな話題でキャッキャとしてるのを見て、心の中でガッツポーズ(笑)

自分はトム・クルーズのファンでもなんでもないし、スポーツも全っ然やんないのは秘密にしておきました。(笑)

今年の仕事のこれまでとこれからの話

今年仕事のはなしをほとんど書いていないので
みなさまご存知ないと思いますが(笑)、

今年の前半は、私にとって仕事上の大きな転換点だったときで。

2006年からずっと同じテーマの担当をやってきました。
従来うちの会社には無かった部署をたった一人で立ち上げて、
途中上司も変わって、したがって方針も変わって、
自分も「独り担当」だったのが、チームができて、管理職になって、
会社の環境も変わってきて、

その中で、担当テーマにたいしてどういう軸で取り組み、どういう方向を目指すべきか?というのを、
ものすごくものすごく試行錯誤してきたのですが、

今年の2月の年頭集会でCEOのお話を聞いていて、
じゃあ、その全社方針を実現するために、うちの部署が果たすべき役割は何か?と考えるうちに、
これだ!とクリックしたのです。

そこから、うちの各事業所に担当テーマの事業所単位の責任者を配置して、
その担当テーマの責任者を集めた第一回集会を立ち上げて、
そこから全事業所参加で3ヶ月間のテーマ活動を展開して、
その総括&次のサイクルの活動を立ち上げる第2回集会を企画して、…

ということをやっているさなかのタイミングで、
9月に異動したいま現在の部署が立ち上がる話があり、

そこまで盛り上げた仕事への未練は山ほどあったけれども、
自分のキャリアのなかで千載一遇のチャンスだったので、
次のステージへ飛び込みました。
これまで手掛けていた仕事は、今年育ててきたかわいい部下&尊敬する上司に、ぜーんぶ託して。

同時に、
異動のはなしもまだ出ていない、しばらく前のタイミングで、
たまたまCEOに呼び出されて個人面談していただく機会があり
自分の部署でやろうとしていることを時間延長で語らせていただいて(笑)、
そんなに素晴らしい取り組みをしてるのだから、もっと社内であなたの部署の活動をアピールしなさいよ!という励ましをいただきました。

で、そこから起爆した社内マーケティング活動がいまどんどん発展しており、
うちの部門長や部長がこんど経営者会議で、私の立ち上げた上記の活動について、発表する展開になってるそう。

ま、私はそこからすでに次の担当へ移っているので、
今回のことが評価反映しないであろうのが残念ですが…
死んでから作品が評価される作曲家の気分です(笑)

冗談はさておき、

今年の前半の仕事の果実が、自分のキャリアにおいてもの凄いパワーを持った成功体験になっているのは間違いがなく、9月から新しい事業所で、59名の部下を持って新たな仕事に向き合っている現在、大きな力の源になっています。

自分の信じる方向性を、自分の信じるアプローチで、
恐れることなく進めていくこと。

それが間違っていないと思える体験を与えてくれた、各事業所のメンバーのみなさまに感謝したいし、
一生懸命に仕事をしてくれることで私に確信を与えてくれた元部下にもとっても感謝したいし、
暖かくサポートし、自由奔放にやらせてくれた元直属上司にも本当に感謝したい。

その体験があってこそ、
いまの部署に来て、誰に言われるでもなく「部下59名全員個人面談」を進めてみたり
うちの事業所の活性化のために社内史上初の「ハロウィンコンテスト」を立ち上げてみたり、できるのですよ。
ひとつのアクションが次のひらめきを呼ぶ、面白さ。
まだまだやれることいっぱいあるなーって、毎日ワクワク過ごしています。


とりとめもないですが、現在の気持ちの記録として。





プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク