FC2ブログ

ワークライフバランス

あけましておめでとうございます。と、1月も既に終わらんかという時期ですが。

今年も年が明けてから手を着けた年賀状には、「今年は仕事とプライベートのバランスがテーマです」と書いた。去年は仕事を一生懸命やりすぎて家がおろそかになった反省を踏まえ。
しかしそれは、仕事の手を抜くことを意味しないで実現する必要があるのよね。
ワークライフバランスって、仕事はソコソコやって、個人の時間をしっかり取る・・・ようなニュアンスがありがちだが、私は仕事もがっつりやりたいのよ。がっつり。
でも、かつ、個人の、というか家庭や自分の大事な人のケアをするには、心の中でどう思ってるかは一番の問題ではなく、絶対的な時間を割く必要があるので、両立させるには仕事ばかりをがっつりやってるわけにもいかない。
がしかし、仕事にはある時期、時間をがっつりかけなければ質も結果もついてこないという場面がある。長年やってる仕事で、それなりの地位もすでに築いているという立場であれば、この辺りでひとつ歩を緩めて・・・という手もあるんだろうが、新しい領域に足を踏み入れて、今の自分のひとつひとつの仕事の結果で今後の自分の足場を築いていこうというタイミングのときに、ワークライフバランスをテーマにするというのは、非常に非常に難しい。
でも、仕事にここぞというタイミングがあるのと同様に、プライベートにも二度とは戻ってこないタイミングというのがある。いまの私の仕事とプライベートは、両方ともそのような時期にあたると思う。私の意図としては、どちらもギブアップしたくないのだ。
しかして、年が明けてから「仕事とプライベートのバランス」をテーマにやってきてみると、結果としてやっぱり仕事のほうが犠牲になっている!!
それは去年のがつがつした仕事っぷりと比較すれば当然そうなのかもしれないが、それをさておいても、この絶対的な時間配分の中でどうにか質的な両立を図ることができないものか・・・。

一つのことを選ぶということは、他のことを選ばないという選択をすることである、という表現がある。仕事もプライベートもがっつりやるというワークライフバランスは、成立しないのか?

というか、私の座右の本『12 Choices』の中の、「The Commitment Choice」が耳に痛い、という部分もある・・・。結局、限られた時間の中で両方がっつりやれるだけの密度で時間を使っていない(使うという確固たる意思を持って動いていない)から、結果、中身が薄くなるのだ。
「やる気」レベルの気持ちでなく「本気」レベルの情熱と決意が必要。

と、書いた次から何を変えて実行することが出来るのか、が、肝心。
スポンサーサイト



プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク