FC2ブログ

この半年のdevelopment

前回書いてからあまりにも時間が経っているので、ここらでひとつ書いておこうかなぁと。

その間にじつにいろんなことがあったわけですが。
仕事の面で言えば、2月に「モチベーションを揺さぶられる一大事があり・・・」と書いた組織変更でいろいろと思い悩むことがあり、その後先月にあらためて組織変更があって、その悩みは解消し、かつ、役職が付きました。

基本的にとても古い体質の会社で、かつ、あからさまにものすごく男性ドミナントな部署で、そんな中、社員では部内最年少、かつ、女性、かつ、この上なく異質なバックグラウンドの自分に役職が付くということについて、発表の前に知らせを受けてからかなりの期間、これはどーなのだろうと正直なところ思ったり、陰でいろいろ言われてんだろうなあと勝手に滅入ったりしていたわけですが、結局のところ自分の出来ること、目の前の仕事に集中するしかないという、頭では解っていた結論に気持ちのほうもようやくたどり着いて、それなりに最初の衝撃は乗り越えたところです。

自分のcircle of influenceに集中する、とはいいながら、組織内の上のほうの方々や日々の仕事では直接関わらない方々、旧職務の同期が折にふれて応援の言葉を掛けてくれたのは、精神的にとてもありがたいことでした。

時を同じくして個人的にもいろいろなことがあり、なかなか仕事以外の時間に仕事のことを考えたり仕事のスキルを上げることに時間を使ったりそこに気持ちを集中させたりすることが、この数ヶ月ホントに出来てなかったのだけど、そろそろギアを元に戻したいなあ、戻さないとなあ、と考えているところ。
そのためのグラウンド整備の意味も含め、内永ゆか子さん著『部下を好きになってください』や、Bossidy, Charan, Burck著『Execution』や、デール・カーネギー著『人を動かす』などを、最近読み返しています。(いや、ごめんなさい、『人を動かす』はそもそも読み終わってなかったので普通に読んでます。)

特に内永ゆか子さんの本は、役職が付く前に読んで、その時点でもすごく良かったのだけど、役職が付いた今、かなりバイブルと化しています。読みながら引いた赤線だらけ。内永さんが、男性ドミナントな企業で、初の女性役職者、初の女性幹部として経験し、成長し、悩み苦労して来られた軌跡と、その経験から生まれたアドバイスの言葉が沁み渡ります。

ところで本筋の話じゃないけど、「本」というデバイスは何て便利というか素晴らしいんだろうなあと思うのが、これが内永さんの話を別の手段で聞こうと思ったら、時間なり資金なりが比較にならないほど必要で、しかも線を引いたり必要なときに繰り返し味わったりということも難しくなるわけですが、「本を読む」という方法でそれがすべて解決するんだから、本は読まない手はないよなあ、と、内永さんの本を読むたびに心のどこかで感心してます。

仕事のスキルアップ、という意味で、軌道を戻さないといけないなあと思っているのが、会計の勉強。じつは今年の前半にひとつ試験に受かって、今現在の仕事に必要なレベルで言うとそれだけでも勉強してよかったなぁとかなり思ってるのだけど、もっと上の知識が身に付くとさらに世界が広がるのは間違いないので、次のステップに進みたいのです。がしかしここ数ヶ月はプライベートの雑念のため全然気持ちが乗らなかったので、ほとんど全く手付かず。そろそろ自分の体勢を立て直したい。そのためには、たぶん「次のステップ」に進むためのステップをもう少し細かく割って、(自分を)具体的に動きやすくしてやるといいんだろうね。動くためのハードルを低くしてやるというか。そうか、そうしよう。

息子は2年生の2学期です。そちらももっと丁寧なケアが必要。
第二子も欲しいんだけどなー。どこかのタイミングでは。
仕事に集中すると同時に、今年のテーマであるワークライフバランスも忘れずに。
スポンサーサイト



プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク