FC2ブログ

トゥーランドット

『トゥーランドット』を観てきたよ。

良かったと思います!ストーリーを再構成したのが成功してる。
プッチーニのトゥーランドットでは(プッチーニがラストまで書いたわけではないとはいえ)リューはカラフのために死んじゃったのにカラフとトゥーランドットはなんのひねりもなく大団円のハッピーエンドかー???というのがどうしてもひっかかるという人は多いと思うのだけど、今回の亜門版ではそのへんがうまく処理されていた。途中の物売りとカラフの会話(「お前はどんな世の中になって欲しいと望んでいるのか」「お前はそのために何をするのか」「自分では何もせずに誰かが望む世の中を作ってくれるのを不平をこぼしながら待っているのか」)を受けて、物売りが最後はちゃんとトゥーランドットの側近として自分の求める未来を現実にするために働いているのとかもよかった。それだけに5年間いなかったカラフが民主化後にひょっこり戻ってきて、みんなに迎え入れられてしまうのは、ちょっと「えー?」と思ったけど…。まあそこはトゥーランドットとのハッピーエンドも求められるところなので、戯曲的には難しい選択だったろうとは察するけど。
リューのキャラクター設定も、現代的でうまくいってたな。母親的な世話の焼き方をするポジショニングとか。ミンがカラフを逃がすときに、偽装のために石で自分を殴ってくれというミンに、カラフが躊躇していたらリューが「じゃああたしが!」とボコるシーンとか。

岸谷五朗は初めて観たのだけど、よかったのでは。歌も、声に恵まれているわけではないのに後天的に頑張った部分で良かったというか。中村獅童を観るのは、じつは映画『ピンポン』以来。歌舞伎役者は歌声がいいはずじゃなかったのかな…おかしいな…と思いつつも、芝居には存在感があり、総合的には良かった。アーメイのトゥーランドットは、正直どうしてもではない感じだったけど、演出家によってはキャスティングがトゥーランドット天海祐希にカラフ堤真一ってことも有り得たと思うので、そんなんよりはずっとフレッシュで良かったと思う。(私は天海祐希はイマイチ何がいいのか判らない。歌も容姿も演技もそんなじゃないし。やっぱ宝塚時代を知らないと真価はわからないのか。)
今回の私的な拾い物が、じつは安倍なつみ。チラシでキャストに入っているのを見て、えーモーニング娘が出てんの?とネガティブな印象を持っていたのだけど、いやうまかった。あんなに歌うまいと思ってなかった。演技もひっかかるところ無しで、よかったし。
物売りの北村有起哉、記憶してる限りでは私はお初だったと思うけど、よかったです。印象に残りました。ミンの早乙女太一も。

宮本亜門演出の舞台って、亜門自体をそんなに好きではないと自分では思ってるんだけど、じつは結構観てんだよねー。取り上げる題材が、好きなことが多いんだよな。気づけば次に観に行く『ルドルフ』もどうやら亜門らしいし!そんなつもりはないのだが。でもスペクタクル的な舞台って結構好きだから(蜷川とか)、宮本亜門のアウトプットは、じつは結構好きなのかなー。じゃあ何が嫌なんだって感じだが。顔?

あと舞台関係では、新感線の『ゲキXシネ』の前売りを購入。どれに行くかはまだ決めてない。今回の引っ越しで、バルト9には自転車で行ける距離になったしね、行っとこうと思って。それを言ったらコマ劇だって自転車で行けちゃうので(「ので」ってことはないが))、『五右衛門ロック』も行きたいのだけど!e+のプレオーダーは外れてしまった。近年めっきり、発売当日に電話しまくるという行為ができなくなってしまった。年ね。(時間の価値が高くなったっつうのか。そこに労力を掛けられない。)

スポンサーサイト



引っ越し/Kバレエ『ベートーヴェン第九』

3月下旬に引っ越して、しばらく家でインターネットアクセスの無い生活を送っている間に、ぜひとも観たい芝居のプレオーダー期間が過ぎちゃったり、蜷川実花の写真展が始まって終わっちゃってたり、デジタルデバイドまっしぐら!でも先日からネット社会に復帰しました。はー便利~。さっそく別の舞台のプレオーダー2、3件申し込みと、チケット譲ります掲示板で以前プレオーダーに落選した芝居のチケット探索~ゲット、あと引っ越し前はガマンしてたアマゾンでの本発注!を行いました。今日から『勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド』読んでます。(私は初勝間本。だんなが彼女の他の本はほとんど全部持ってるけど、私は読んだことなかった。)あともう一冊届いてるのが『3分間コーチ』(伊藤守著)。これも面白そう。

引っ越しをするのは実に9年ぶりだったんだけど、前回の引っ越しのときに詰めたダンボールが丸々そのまま手つかずで今回発掘されたり…と、「これはこのまま中身も見ずに捨ててしまっても全く問題ないのでは?」という状態の箱が、しかもまた結構な数出てきた。
今回の引っ越しでかなり荷物が整理されたかも。引っ越し準備にあまり時間をかけなかったため、まだ整理しきれてない部分もあるけど、1年後ぐらいにまた引っ越しの予定なので、それまでにさらに物を減らす計画。

今回の引っ越しのポイントはいろいろあるけど、私的に大きいのは、今まで通勤時間が片道2時間だったのが、引っ越し後は1時間になったこと!すげえ違う!一日の人生の時間のうち仕事のために拘束される時間が単純に2時間減ったよ。平日1日のうちいくらもない家族といられる時間がそれだけ増えたということで、これは大きい。時間は金で買うものだなー。

3月はじつは初めてバレエを観に行ったのだけど、それも書いてないな。
3/15(土)に、Kバレエカンパニーの新作、ベートーヴェンの第九に振り付けた舞台を観に行ったのです。チケットは自分で取ってたのだけど、親が誕生日プレゼントにとスポンサーになってくれました。ありがとうー。素晴らしい舞台でした。バレエはわかんないけど、いつも言うように身体能力の高い人を間近で観るのは気持ちがいい。昔さんざん歌ってよく知っている音楽だったことも良かった。オケはやや音が薄い?感じがあってイマイチなところもあったけど、ソリストも合唱団もピカイチでした。
舞台の内容が良かったことと別に面白かったのが、初バレエでチケットの高さにもおおぅと思ってたのだけど、比例してパンフも高いのな!3,000円て!レミゼの20周年記念パンフ(2種類あって各2,000円)にもびっくりしたけど、単品ではそれ以上だわ。でも値段設定が高いからか、表紙カバーが厚くて金ピカだったりするのがまたオモシロかった。舞台がすごく良かったので買ったけどね。舞台では、熊川哲也は怪我からの復帰後第一作ということで、あまり長い時間出てはこなかったのだけど、一番おいしいハイライトシーン(例:第四楽章のベースのソロのところや「M」(一番有名なサビ)のところ)で登場するときがまた「ジャジャーン!!!」というかんじで超オモシロかったー。それまでは普通に楽章の合間にのみ拍手してたお客さんが、熊川登場で大拍手だもの!歌舞伎役者か!でもさすがに踊りは存在感あったねえー。あと、男子ソリスト(バレエ)複数名の髪型が熊川哲也と同じなのがオモシロかった。これはバレエだからなのか、Kバレエだからなのか。でも繰り返し言うけど、舞台の内容はものすごく良かったよ。
このあと決まってる観劇の予定は、トゥーランドット、ルドルフ、レベッカ、ミスサイゴンってな按配です。
プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク