FC2ブログ

リチャード三世 (ネタバレあります)

土曜日の昼公演で、いのうえひでのり演出・古田新太主演の「リチャード三世」を観てきました。於 赤坂ACT。前日の夜までずっとパルコ劇場だと思ってました。それは「パルコ・プロデュース」ってチラシに書いてあるから。あぶないあぶない。

前も書いたと思うけど、私はいのうえひでのり演出の「天保十二年のシェイクスピア」のDVDの2幕の副音声に入っている、劇団☆新感線メンバーによる座談会が好きで、一時期えらい回数そればっかり聞いてたことがあります。(いや、芝居そのものも好きなのよ)
で、その中で、シェイクスピアに関する話題がやはり出てきて、古田新太はシェイクスピアの中でやりたいといったらどの役か?という問いに、「リチャードかなあ」と答えていたのです。曰く、(天保でやった)マクベスとかみたいにウジウジ悩むやつよりも、リチャードのように『徹頭徹尾、悪!』みたいなのが、やってて気持ちいいとか、そのようなことでした。(この対談は古田氏が薮原検校もやる前)
で、私はその話を(個人的に)何回も聞いていたもので、今回の古田新太のリチャード三世のチラシをはじめて見たときに、「うおー!ついに!」と唸ってしまったのです。だって天保のDVDが2002年製って書いてありますよ。7年越しの実現です。やりたいことは言っとくもんだ。(←って前もこの話題で書いた気がする)

それで、リチャードです。
なんか、最初は、異様にポップな色彩の、型紙だけは中世、なのか?的な衣裳に身を包んだ古田新太が、まじめに独白してるのを見て、やや違和感があったけど、進行するにしたがって慣れてきました。ちょっとせりふが聞きづらい。数名のぞいて、けっこうみなさん聞きにくい。(銀粉蝶さんとか、聞きやすかった。)これだけ膨大なセリフ量なのに、聞きにくいのはけっこうつらい。まあでもそれもしだいに慣れてくる。

進行するにつれ、せりふはシェイクスピアのままでほとんどデフォルメなしなのに、展開されるのはまさしくいのうえひでのりワールド。クラレンスの暗殺シーンの立ち回りとかからぐっと来る。コドモのヨーク公にナマイキな口を利かれたあとの古田リチャードの長すぎる間にウケ。リッチモンド伯のChange! Yes We Can! にバカウケ。みんなセリフは膨大なのにやりとりのテンポがすごく良い。
でもひでのりさんの真骨頂は、鮮烈に印象に残るビジュアルにあると思う。リチャードがアンを口説き落とすシーンでの、アンを父王の亡骸の上に押し倒しての接吻。その前の、アンが地下の遺体安置所に下りてくるシーンの、強烈なバックライトに浮かび上がるアンのシルエットが鳥肌モノなこと。もちろん、二幕でリチャードが王になって初登場するシーンでの、超着ぶくれ金色ダルマなビジュアルとかも違う意味でキョーレツなんですが。いやあー、いのうえさんスゴイ。あのそれぞれのビジュアルを、何も無いときに頭の中にすでに持っているのだ、彼は。

そして今回もひとつすばらしかったのは、ふつうに新感線ファンでシェイクスピアなんて初めて見るわという大多数の客層のための、ストーリーや人間関係がお客さんにわかるための工夫。てか、蜷川さん&市村さんのリチャード三世観てたし文庫で脚本も買ってたけど、話の前後関係がこれまでぜんぜんわかってなかったんだなあ私、てことが今回わかりましたよ。すげえわかりやすかった。全員に配られた「これまでの話」(リチャード三世の話に至るまでに起きたイングランドの戦争の経緯や登場人物の相関関係のわかりやすい説明文)しかり、舞台上&会場内に多数設置されたテレビ画面を使用しての、セリフに登場した人物理解のためのフォロー(その場にいない人の名前が発せられたら画面にその人の顔と名前を表示したり、家系図を表示したり)しかり。おかげで消化不良が無かったです。ありがとういのうえさん。

今回とても良かったので、同じリチャード三世を下敷きにしているという新感線の「朧の森に棲む鬼」のDVDを買って帰りました。見たことないのに。しかもスペシャルエディションのほうを。しかも会場を去ってだいぶ経ったあとに買うことを思いついたので(まだ赤坂にはいた)、あとから会場に戻って、夜公演のもぎりをやってるお姉さんに「DVDだけ買いたいんですけど中に入れませんか」と聞いてまでして。(←開演後なら入れてくれた) うむ、言ってみるもんだ。

朧はまだ見てません。いつ見れるかなー。

スポンサーサイト



ネット書店

アマゾンばかりを愛用しています。

だったんですが、だいたいいつも余裕で1500円以上になるのでなんの躊躇も無く注文して1500円以上送料無料を享受しているんですが、今回買おうと思った本が680円、かつ2~4週間で発送、とのことだったので、抱き合わせ購入すると他のもみんな入手できるのが遅くなることになり、んーと思ってカートに入れたままにしてました。

で、さっき知ったのですが、ジュンク堂のネットショッピングだと購入金額が下限無しで送料無料なのだそう。(クレジット決済の場合。)へえーよくやるなあ。とりあえず上述の680円の本を発注。池袋店から発送されるみたいなんですが、どのくらいで届くのかしらコレ。在庫は40冊あるそうですが。

しかしペイするのか、ジュンク堂のこのサービス。
比べると、アマゾンはホントUIがこなれてて使いやすいし、1500円以上だったら絶対アマゾンで買っちゃうなあ。
もしみんなそうだったら、その結果ジュンク堂のほうには1件1500円未満のビジネスしか回ってこないことに。

ちなみに注文した本はベティ・L・ハラガンの『ビジネス・ゲーム―誰も教えてくれなかった女性の働き方』。例の勝間和代さんご推奨のやつが復刊されたそう。

アマゾンの失点は上記の680円の本を買うのがためらわれたところと、あと私が最近愛用しているヴィーナススパのハンドクリームの扱いがないこと。同ブランドの他の商品はあるのにね。

冠婚葬祭

12月に、祖母のお葬式。
年明け、お正月。
一旦戻って、3連休のまんなかに弟の結婚式。

この12月~1月間ですでに実家と東京を都合3往復しました。

弟の結婚式が、とってもよかった。
素敵な彼女が結婚したいと思ってくれるようなそんな男に育っていたことも、
弟の職場の上司が弟の勤勉と職務熱心を具体的な言葉で誉めてくださり、
そんなふうな評価を受けられるほどにちゃんと仕事ができる男に育っていたことも、
いろいろに感慨深かったです。
約1年前に姉が結婚したときは、姉を「とられる」感があって、
心から祝福しながらも一方で複雑な思いだったものだけど、
弟のときはやっぱりちがうねー。

そんな中、今年の目標の自己研鑽To-Doリストは着々と進めています。ふふ。
今年の自己研鑽キーワードは Strategy, Speech & Numbers です。

デコHD

20090107194859
外付けハードディスクが殺風景だったのでデコりました。
その前はLacieのショッキングピンクのハードディスクを使ってたんですが、容量がいっぱいになっちゃったもので。

年頭にあたり

あけましておめでとうございます。
2009年ですね。
2009年って、…未来ですよね?(違います)
いや、響きが未来っぽいというのか。。

かつて確かに未来だった時間に、いま生きているのだなー、と思います。
何をしてもしなくても、時間は流れて次の日が、次の年が、次の誕生日がやってきて、人生は進んでゆくのです。
だから今年は、ここしばらく停滞気味だった自己研鑽を復活させよう、と思う。

目的を持って時間を過ごしているのか、いないのかっていうのは本当に違って、目的があってもなくても同じ量の時間は同じスピードで過ぎてしまうわけです。目的が明確になっていると、同じ時間の中で取れるアクションが違ってくる。同じ時間の中でも出せる結果の量が違ってくる。

なのでとりあえず今年のTo-Do'sリストとそれに伴うアクションアイテム出しを、元旦の夜にやりました。
答え合わせを、来年の年頭にやるのでなく、日々やっていくのがミソだと思う。


プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク