FC2ブログ

ミュージカル『COCO』

ミュージカル『COCO』を観てきました。@ル テアトル銀座。

ココ・シャネルという女性の生き方が非常に魅力的で、それを演じる鳳蘭さんがまた魅力的でパワフルで、そのふたつの力でいい舞台になってたと感じます。

鳳蘭さんの磁力は、すごいなあー。
私は彼女を『ラ・マンチャの男』のアルドンサで初めて観て、その迫力に圧倒されました。鳳さんの間に何度か観に行ったんだけど、その後アルドンサが松たか子に替わったとき、父娘でキホーテとアルドンサってそんなキモいもの見れるかっと思ったのもあるけど、私の中では鳳蘭のアルドンサがあまりに強烈すぎて他のアルドンサを観る気が起きず、その後一度も観に戻っていません。そのくらい強烈だった。今回も、観ているうちに、ココ・シャネルその人に他ならないだろうといつのまにか思って観ている、そんな感じだった。

ココ・シャネルのことは、今回の舞台を観るまでほとんど知らなかったけど、こんなに女性の社会進出ということとリンクしていて、現在の私たちのファッションの基礎を成す大きな改革をinitiateした人だったんだ。初めて知った。「この世に公爵夫人は何人もいるけど、ココ・シャネルはひとりしかいない」って、カッコイイ~~。生き方に共鳴する。女が惚れる女というのか。本とかでもっと読んでみたいなー。

共演の役者さん達もそれぞれに力があり、よかった。

岡幸二郎さんは、ホント歌うまいなあー。ご本人のブログとかでのあの個性には正直ついてけないけど、舞台に載せれば今回みたいなクセのある役はホントにはまるね。ココ・シャネルの伝記ミュージカルで「マツモトキヨシ」とか口にして違和感ないのは岡さんぐらいだよ。あとあのヅラとか。二幕冒頭の歌といえばこの人ですが(笑)、今回もオイシイナンバーを朗々と歌ってらっしゃいました。

湖月わたるさんは以前にどっか他のミュージカルで観たことがあって(TSかな?)、歌はあんまりうまくないイメージがあり、今回の出演メンバーに入っているのを見て「えー」ってちょっと思ってて、観てみたら歌は今回もやっぱそうだったんだけど、この人は演技ができるのね。なるほど。

鈴木綜馬さんは、狙って観に行ったことは一度もないのにまぁー観に行く舞台によく出てらっしゃるわー。今回もシラノに続いて連チャンです。全くあぶなげない実力の持ち主。それまでココに対して抑えて隠していたものを一気にはきだすシーンの演技とかうまい。

大澄賢也は…あまり印象に残らなかった。この人歌も歌うのね。踊ってるとこしか見覚えがないような。(今回は踊ってない)


例によって、観に行く舞台にあわせて服装にテーマを持たせる私ですが、今回はシャネルのものを何かひとつ身につけていこうと思って、少し前に香水屋さんに行ったときにシャネルの香水をいくつか試したけど気に入るのがなく(どれもちょっと母親世代チックな香りがする)、どうしよっかな~と思っていたら、むかーしおばあちゃんにもらったシャネルのクラッチバッグがあるのを思い出して、それを持っていきました。中身傷だらけでボロボロなんだけどね。服は新しく買った赤(に近いピンク)x黒の斜めのストライプのフレアキャミソール…というのかな、に、黒のパンツと、黒xシルバーのロングストール(二幕冒頭で岡さんがしてたようなやつ 笑)。足元は黒xピンクで、黒いバラの大きなコサージュがついたサンダル。でした。(ちなみに香水はディオールだった… ←ストーリーの中でココがディオールのデザインにダメ出し)


舞台後、半年ぶりに美容院行って数年ぶりに全体をカラーリングしてきました。
(長いこと黒いのが自分の中でブームで、色入れるにしてもスジで入れるぐらいだった)
ハイライトも入れたしトリートメントもしたよ。
ひさびさに髪を明るくすると、鏡を見て楽しい。エッヘッヘ。


スポンサーサイト



ブルースブラザーズバンドライブ

20090714210446


ブルースブラザーズバンドの来日ライブ行ってきましたー!@ビルボードライブ東京。

たぁーーのしかったあーーー!!!
もう、まじで一体何年越しのブルースブラザーズファンでしょうか。小学か中学以来かな?
日本語吹き替え版で録画を擦り切れるほど見ましたねー。
その後高校のときにアメリカ留学中に思いもよらずオンエアされてて飛び上がって喜んだり…帰国直前にビデオ見つけて初めて自分で購入したり…。
って、「The one and only, original Blues Brothers Band!!!」て紹介されてもオリジナルメンバーなのはスティーブ・クロッパーとアラン・ルービンとブルー・ルー・マリーニの三人だけなんですけどね…。(前回私がブルーノート行ったときはマット・ギター・マーフィもご存命でした…。楽屋でハグしてもらったの。涙。合掌。)

セットリストをご紹介できるほどきっちり憶えてないのが恐縮ですけど…演奏された曲で憶えてるのをそれっぽい順で順不同に書くと、

Soul Finger
Peter Gun Theme
She Caught the Katy
Messin' with the Kid
Shotgun Blues
Minnie the Moocher
Going Back to Miami
6345789
Shake a Tailfeather
Flip, Flop and Fly
Sweet Home Chicago
Soul Man

(anchore)
Who's Makin' Love
これアンコールだっけ?


てな感じでしょうか。

あと、トピック的には…私は2階カウンター席のほぼ中央に座ってたわけですけど、Shotgun Bluesのときに歌い手役の彼(白人のほう)が気づいたら私の真横に来てて、eye-to-eyeで見つめあいながら(サングラス越しだけど・爆)ハーモニカ…いやさBlues Harp...いやさ "Mississippi Saxophone"?!を演奏してくれました☆ あと肩を抱き寄せられ(それ見てるスティーブがステージ上でバカウケ)、頬にキスされ、私のカクテルを飲まれ…計3回私んとこ来ました☆(笑)

っつかー。私、ブルースブラザーズバンドのCDは基本的に全部持ってるはずなんですけど、マイケルジャクソンと一緒で昔聴き込み過ぎて近年とんと聴いてなくって、今回ライブ前に聴こうと思ったら、どこにも無いのよ!!CDが!!!iTunesの中にも落としてないし。どこいったんだろう。てか、いつぶりだよ。
かろうじて手元にあった「Hit it! ... the r'n'b originals that inspired the bules brothers」を聴いてたんですよ。ライブに先立ち。(ブルースブラザーズがカバーした曲のオリジナル版を集めたCDね)したら、オリジナルのMessin' with the Kidがちょーーうカッケーーー!!!て感動しながら六本木に着いたら、当日の曲目に入ってるじゃないですか!!!!ちょーーーうEXCITEDでした。

アンコール前にブルー・ルーが言ってたけど、バンドのほうも超盛り上がりすぎて、1stステージだったにも関わらず時間かなりオーバーしちゃったのらしい…超素敵♪♪♪
メンバーの老衰っぷり(涙)を見てると、次回が一体あるのかどうかと本気で思うので、この瞬間をsavourできてホントに嬉しいです。


『風の中のマリア』

本日読了。百田尚樹さん著。講談社。

オオスズメバチのワーカー(働きバチ)マリアを主人公にした物語で、5月に日経の塾の先生のコラムで紹介されていて、よさそうだったので6月に買ったのです。オオスズメバチおよびそれを取り巻くほかの昆虫の生態をかなり生々しく描いたストーリーで、生き物の生命の意味や生きることの壮絶さを考えさせられる骨太小説です。

一ヶ月かけて、基本的には息子(小4)が寝る前に読み聞かせしてきてたんですが、とちゅう、息子がひとりで先まで読んだりしてて。

怖いシーンに爆泣きしたりとかして。

一回目は、女王バチの昔語りの場面で、食糧難のときに自分の幼虫たちを他の自分の幼虫のエサにする場面を私が昼寝してるあいだに一人で読み進んで、息子「うわぁあああああああんうわぁあああああああんかあちゃあぁああああん」と大泣き。

二回目は今日で、私が帰りの電車に乗ってるときに携帯に電話があり、泣きじゃくった声で
「『マリア』ひとりで最後まで読んだの。
 こわかったよー。こわかったよー。」
て。
(ちなみに最後、女王バチが自分の巣のワーカー達に殺され、他のスズメバチとの死闘で仲間のワーカーも死んで、主人公も最期を迎えるところ)

「怖いから二度と読まないでー」と言われています。

これだけ強烈なインパクトを与える、内容的に良質な小説に出会えたのは息子にとっては幸せなことだと思うし、きっといつか中学とか大学とか大人になってから懐かしく読み返して「そういう意味だったのかー」と驚いたりすることと思うけども。そういう意味で、決して早すぎたとは思わないけど。

9歳児には怖かったですか。そうか。

リニューアル

20090712224739
ペディキュア新しくしました。

追悼マイケル特集

加圧ジムに行けばBGMは延々追悼マイケルジャクソン特集で、
店舗応援に行けば向かいのCD売り場はさようならマイケルコーナー(ただし商品はメーカー欠品により品切れ)が特設されてるしで、
そんな模様を妹にメールしたら「私もiPodで個人的に追悼マイケル特集したよ」って返ってきたので、
そっかー私もーと思って自分のiTunes内を掘り返したら、自分ではBAD(アルバム)しか持ってないことが判明した。

うそー!そうだっけ?

小さい頃に、車と音楽をこよなく愛する父に連れられて家族で毎週末ドライブに行ったものですが、
そのときのBGMでスリラー(アルバム)をさんざん聴いた思い出。
そうか、大人になってからは持っていなかったのか…。
てことに気づかないほど、小さいときに聴き込んでいたってことか。
(似たようなのは他にスティービーワンダー。でもこれは大人になってから自分でベスト買った。)

さっそくiTunes Storeを見ましたが(←CDはメーカー欠品だから)、スリラーは取り扱いが無く、
踵を返してアマゾンでCDを発注しました。入荷予定が日付で書いてあるのはうれしい。
(エレベーターが何階まで降りてきてるのかを表示してもらうとイライラしない、的に)


一日遅れですが

七夕でしたね。

息子に

「かあちゃんのお願い事はなに?」

と訊かれ

「んー、
 お部屋がきれいになりますように?」


他力本願ならず。

似ている芸能人。

今朝のこと。

会社に行きしな、スタバによってアイスコーヒー買ってって歩いてたら、会社の知り合いの人が追いついてきて。どうやらスタバにいたのらしく。

「tdさんが入ってきたらさ、隣にすわってた女子高生たちが、

 『あの人誰かに似てるよね!誰だっけ?
  あれだ!「牡丹と薔薇」の魔女の人
  そう魔女魔女!あー魔女行っちゃったよー』

 て言ってたよ。」

て。

基本的にテレビ見てないので、何が誰やらわからんのですが。
あんまり名誉じゃなさそうですよね?

会社でのあだなはドロンジョ様ですが?なにか?



::追記::
ってか、真珠(まじゅ、小沢)だったんじゃないのか?魔女じゃなくて。
どーいう先入観に基づいて耳に入ってきた音を脳が解釈するかだよな、それ…。
Kさん…(←くだんの会社の知り合いの人)。

プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク