FC2ブログ

朝礼で話したトム・クルーズの話

今年から職場で管理者チームが順番に朝礼でスピーチするという試みが始まり、第一週はゆっくりお休みしてた私は、先週出番が回ってきました。

基本、現場メンバーが聴衆なので、コンセプチュアルな話よりも、彼らの耳にひっかかるキーワードが入った、とっかかりやすい話題で、でも単なる趣味の話とか、聞いたあとに何も残らないのはやだなと思い、自分がいない間に終わったスピーチに関するヒアリングも軽くやって、持っていき方を作った結果、選んだキャッチが、トム・クルーズ。
お正月休みに実家にいた最後の日に観に行った、ミッション・インポッシブルの話をベースにしました。


映画を観に行くと、面白かったときだけパンフを買うんですが、今回はシリーズベストの面白さだったので、パンフ購入。
その中のキャストインタビューで、トム・クルーズと共演したエージェント役の二人が、奇しくも同じ表現でトム・クルーズを評していわく、「彼がトップ・スターなのは偶然じゃない」。
プロダクションを円滑に回すために、共演者はもちろん、照明さんに衣装さんに小道具さん、あらゆる裏方の人に一番気を遣って声を掛けて歩いてるのは、トム・クルーズ。主演として演技もしながら、照明や小道具などの細かい箇所にも目を配って調整を指示するのがトム・クルーズ。50歳前にして、世界一高いビル、ドバイのブルジュ・ハリファの外に張り付く演技をスタント無しでこなせるだけの身体を日々の鍛錬で作り込んでいるのも、トム・クルーズ。
そういう一つひとつの細かなステップの積み重ねが、彼を今の彼たらしめているのだなぁ、と思いました。

たまたま同時にいま読んでいる本で、『非才』っていう、卓球の全英チャンピオンに3回なってオリンピック代表にもなったマシュー・サイドという人が書いた本があって、その本にいわく、世の中に天才と言われる人は、持って生まれた天才などではなく、人並み外れた時間をつぎ込んで練習してきた人だと。結果として一流と言われる人も、そこまでに1万時間といった努力の時間を積み重ねてきている、と。

最終的に優れた結果を出すこととは、目の前の一歩一歩を、少しでも良く、少しでも高く、飽かず弛まず、積み重ねていくことなのかな、と。
逆にそうすることで、ある日振り返ったら、ごくごくあたりまえに、一流の職場になっているのかな、と、感じました。


という話をさせていただきました。
(最後のところは、スピーチの中では、うちの職場の具体的な数字を使ってこの五年での目覚ましい伸びを振り返ったけど、そこは割愛)

職場のやんちゃな若手や元野球少年たちがウンウンってうなずきながら聞いてくれてて、朝礼解散後も、トム・クルーズみたいになるんだよーってな話題でキャッキャとしてるのを見て、心の中でガッツポーズ(笑)

自分はトム・クルーズのファンでもなんでもないし、スポーツも全っ然やんないのは秘密にしておきました。(笑)

スポンサーサイト



進歩について

本日、ダンナの昇進祝いに、本人のステーキ食べたいという希望により、OUTBACKへ。

一年ちょい前に、こちらでDoggy bagの注意書きが英語のままだったって話を書いたんですが、





日本語になってたよ。




歌川国芳展

お正月休みのラスト一日は、
六本木で開催中の歌川国芳展に行ってきました!
面白かった~。



http://kuniyoshi.exhn.jp/

この展覧会、トータルの会期はけっこう長いんですが、
じつは前半後半でほとんどの展示品が入れ替えられてしまうというワナが!
気づいてよかった~。
前期は1/17(火)までとのことです。

色遣いといいデザインといい斬新でカッコよく、
現代に例えるならテイストや色が荒木飛呂彦って感じなのですが、
お薦めはなんといっても、武者絵!
国芳の絵は武者もカッコいいし妖怪もユニークでいかすので
その武者と妖怪が闘ってる図はかなりグッときます。
あと、魚介類とか骸骨とかも。

個人的には、水滸伝の豪傑画がクリーンヒット。
張順カッコいい!史進の刺青ってこんなに?!燕青(今回は展示なく図録で発見)は、北方水滸伝のイメージとだいぶギャップが…これはこれでいいけど。
水滸伝の豪傑双六に、宋江がいなかったのが気になる…と思っていま図録で数えたら、108人のうち52人しか載ってないのね。それにしても、頭領なのに…呉用だって載ってるのに…(笑)

というわけで、
お休み中はめいっぱいリフレッシュさせていただきました!
明日からの仕事の準備も進めてます。
今年もやるぞー。


iPadから送信

ネイル

そしてイベントの季節が過ぎましたので、ネイルは再び公共心強化モードに(笑)
でもこのピンクベージュはけっこうお気に入り。二回目の登用。






2012年、あけましておめでとうございます。

遅ればせながら。

今年のお正月はゆっくり休んでいます。
外人ばりにがっつりまとめて休んでいます。
(うちの会社は2~3日ずつ取る人が多い。好きずきでいいと思う。)

1/1は家族で福岡の実家へ新幹線で移動、九州新幹線さくらに初乗車。
1/2は姉の嫁ぎ先のマスターのコーヒー屋さんへ訪問、夜は実家ファミリー集まって恒例の父の誕生日祝い。
1/3は妹とキャナルシティ劇場の『ロッキー・ホラー・ショー』で観劇初め(年末は神奈川芸術劇場の同演目で観劇納めだった…)。ダンナは仕事始めのため一足先に東京へ。
1/4~5は母親と妹と息子と3人で、九州新幹線に乗って鹿児島は指宿へ一泊旅行。毎年家で過ごす我が家のお正月としては超異例。指宿名物・砂むし風呂も体験したよ。
1/6は唯一予定無し日だったけど、結局『ミッション・インポッシブル: ゴースト・プロトコル』を観に出かけた。
1/7はまた新幹線に乗って東京へ帰宅。
本日1/8は午前中ネイル行って午後から美容院行って、メンテナンスデー。
明日がお休みラストで、もう一件出かけてくる予定です。

お休み中に、娯楽本ではアントニー・バークリーの『第二の銃声』、ビジネス書では落合博満さんの『采配』、藤田晋さんの『成長論』と、いい本を読了できた。後者二冊では、自分の今年への向き合いかたとしてイメージしていたことと響きあうフレーズもたくさん見つかり、今年の自分のテーマ、そして持っている二つのチームそれぞれのテーマを、一気に言葉にまとめることができた。

今年もまた、新たにいろんなチャレンジがありそうですが、
しなやかに、愛情を持って、つねにゴールを目指して努力をしていきたいと思います。






プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク