FC2ブログ

アナロジー

以前の仕事(通訳)から足を洗ってから はや7ヶ月が経ちます。
同じ職場内で実務に転じて、責任あるポジションを任せていただき、この7ヶ月間アグレッシブに仕事に励み、それなりの評価もいただいてきました。


その前の私の仕事は知っていて、この7ヶ月間はあまり仕事でご一緒しなかった方などの中には(した人にもいるけど)、ふいに前触れも依頼も無く、私を通訳として使おうとする人もいます。
(ごめんちょっといい、とかもいわずに、話しかけたい外国人の近くにいる私に向かっていきなり外国人宛ての発言を始める)

別に周りに誰も通訳がいなくて緊急でホントに英語できなくて困っている人がいても一切通訳は致しません、というのではさらさらないけど、ドーデモいい世間話に私を使おうとする人には意図的にやな顔するようにしてます。教育の意味で。


たとえて言えばきっと、元グラビアアイドルで、頑張ってシリアスな女優に転身して、依頼された仕事ではきちんとした演技して、その仕事を見てくれた人々には女優としてそれなりの評価を受け始めているのに、その間の出演作を見ていないプロデューサーなどはグラビアアイドル時代のイメージで体メインの仕事持ってきたりとか、そーいう感じでしょうか。
(仕事自体のアナロジーではなくて、シチュエーションとしてね。なお、通訳は通訳でリスペクタブルな職業だと私は思っています(いや、きっとグラビアアイドルもれっきとした職業なんだろう)。必ずしもリスペクタブルな仕事振りやプロ意識を見せてくれる人ばかりではありませんが、そんなこたぁどこの世界でも何をやっていても同じことだ。)
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク