FC2ブログ

巨大イカ襲来

もう一年以上前から出ていたみたいですが、私は今日初めて『フューチャーイズワイルド』という本を手にしました。幕張メッセの大恐竜博のおみやげ売り場で。(図解版のほう)
人類滅亡後の生命世界について、帯に「魚が空を飛び、イカが大地をのし歩く!」と書いてあるのにぐっとハートを掴まれたので購入。息子との間でスーパーサウルスが消し飛ぶほどのにわかブームです。
人類が絶滅した未来にはどんな生き物が栄えているのか、というのを、500万年後、1億年後、2億年後というタイムスパンの中、科学的な研究に基づき、鮮やかなグラフィックを駆使して、研究者のおっさんが勝手に想像して作った本。
科学的な根拠はあるとか書いてありながら、見るからに「この生き物がこう進化したらきっと面白い!」とそればかりを考えて作ったのが明らかでとても良い。じゃなきゃイカが大地をのし歩くか!他のアリの背中に乗せてもらわないと移動できない働きアリってどんなんや!クモがメタリックで超クール。
原題は『The Wild World of The Future』ということで、「未来の野生の世界」って、普通だよ!


現在、木村元彦『オシムの言葉』を読み始めています。
まだ30ページ強ぐらいだけど、含蓄が深い言葉が多く、すでに赤線だらけ。
自分の頭で考えさせる、
自分の頭で考えさせるための訓練を積ませる。
基本になる力をつけさせる。
基本になる力がついたことによりアウトプットが改善、それにより自信をつけさせる。
「本当に強いチームというのは夢を見るのではなく、できることをやるものだ」
「忘れないで欲しいのは、休みから学ぶものはないという点」
「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?要は準備が足らないのです」
「相手はナンバーワンのチーム。だから、そこに負けても恥ずかしいことではない。まずは自分たちのサッカーを思い切ってやろう。負けてもいいから」

例によって読む本がたまってます。せめて週末3日欲しい。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク