FC2ブログ

二都物語感想 (7/28夜公演)

もう本当に未見の方は何も読まずに観に行ってください。

うかつにツイれないのでこっちによけとく感想メモ、第二弾。

・カートンはこの物語の最初までに、どんな人生を送って、こういうふうに厭世的になっていたのだろう。牢獄に出向く前のジャービスとの会話、「誰からも愛されず、思い出されず、感謝されない人生は、味気ないでしょうね」(大意)というのは、この選択をするまでの彼の人生は、そうだったのだろう…。
ルーシーと、ルーシーの愛するダーニーと娘だけでなく、最期にはお針子の娘の魂も救ったのだな、カートンは。そして自分も救われた。
そして歌う、「人生は美しい」と。

・カートンがルーシーにそこまで落ちたところが、演技的にあんまり分からないかな…。芳雄君は、酔いどれの演技は表情豊かだけど、恋の演技はあまり表に出さない。

・牢獄でのカートンとダーニーの場面の浦井君の反りが、一回目は今宵一夜のラスト(←ベルばら)ばりに美しいと思ったんだけど、二回目はそんなではなかった。前回が偶然だったのか、観た角度がよかったのか。

・馬車のシーンの、岡さんの演技が前回観たときと違った。今回は悪役に徹してらした。時代劇のようなバージョン。(時代劇なんだけど)

・芳雄君と浦井君の個人としての仲の良さが、舞台の二人の関係ににじみ出ているのが、良いよね…。他に舞台上で、二人がそんなにも近しいというサインはないんだけど。

・ルーシーの「21」の指が、外人。

・マダムの昭和な歌謡が割と頭に回る。

・しかしシャルルて。

・カーテンコールでの浦井君と芳雄君のやりとりが、毎回可愛い…。浦井君に落ちそうだ。


スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

td

Author:td
現在の座右の銘
It's not about winning the moment.  It's about winning the day.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク